素晴らしきラーメン愛のある「長町ラーメン本店」さん

2015年元旦の長町ラーメン

写真は2015年元旦AM7時の仙台市太白区向山にある長町ラーメンの外観写真です。

私ミネラルが愛して止まないラーメン店です。

世の中の全国チェーン店のラーメン屋であれば元旦営業や24時間営業も珍しくないかと思いますが、
出来合いのスープや具材を使わない個人経営のラーメン店としては非常に珍しい光景かと思います。

店主(通称マスター)は末永氏

宮城県内の様々なラーメン店の店主との交流も深く非常に義理人情に厚いラーメン職人です。

昨年末に元旦営業をされると伺った時には、冗談ながら近くで営業する焼き芋屋台の方が

人だかり出来るのだよなぁーー。って行っていた事を思い出します。

又、元旦だからこそ年始からお客様にラーメンを提供したいと言う熱い思いが伝わってきて感動した1日でした。

まぁー私も心を打たれて家族を放置し早朝からラーメンを一番乗りで食べに行きました。
マスターがラーメンを愛すように私もこよなく長町ラーメンを愛し美味しく食べている一人ですからね。

今になって考えますと、魚粉が最近ではラーメンの上に乗ってきたり魚粉で食味を演出するお店が
増えてきていますが、こちら長町ラーメンさんの基本スープは煮干しの魚粉は15年ほど前には既に
使用されて居ましたので、魚粉を一番最初に味わったお店でもあります。

10年ほど前には美味しい長町ラーメンが受け継がれない事に恐怖し、夢の中で弟子として自身が
長町ラーメンを調理するほどの溺愛ブリでした(笑)

今でもマスターが作るラーメンとお弟子さんが作るラーメンが違う食味感じる瞬間があるのは
きっと先入観がそう思わせるであろうことは感じています。

特別な食材を使って見た目でインパクトを与え集客するのではなく真面目に
ただ真面目に編み出したお店の調理法を愚直にこなす事で安定した食味を生み出す技!!
素晴らしいです。

数あるラーメン店を食べ歩いていますが、このお店以上に自分の好みに合う食味や雰囲気や
人柄のお店には出会う事は現在もありません。
きっと今年、中学3年になる息子にもお店を紹介し大人になったら通う事だろうと思います。

親子二代で通えるお店になるのが今から楽しみで仕方がありません。
現在は繁盛店ですので敢えて家族は連れてきませんが近日には親父のお気に入りの店として
連れてきたいと考えています。
きっと喜んでくれると思いますからね。

最近では不味いと感じるお店は随分と少なくなって来ましたが、未だに手抜きのお店や
創業者のレシピを見様見真似で外れた出来映えのラーメンを悪びれずに提供するお店が存在します。
自分で食べて居るのでしょうか?
自分が美味しいと思えるラーメンを提供しているのでしょうか?
非常に疑問です。

まかないとしてお店のメニューを食べているとは思えない料理が沢山あります。
食材が若干傷んでいるお店も何軒かありました。
悲しい事です。

ラーメン店の店主&店員さんに私は言いたい!!
「ラーメン愛」を持って仕事をして下さい。

国民食とも言える日本の文化的料理ラーメンは日本が誇れる料理です。
誇りと愛情を持ってお客様を楽しませて下さい。

私はこれからも長町ラーメンに通います。
お店の方向性が万が一にもぶれた時には嫌われる事を覚悟で私は文句を言います。

そして又ラーメンを食べます。

それほど私は長町ラーメンが大好きなのです。

お弟子さん達是非とも手を抜かないで美味しいラーメンの技を伝授されて下さいませ。
私は可能な限り食べに伺わせて頂きます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です